MINOCAFE
小田急線沿いのオーガニック情報
自然の情報

パラレルワーク(複業)におすすめな仕事「農業」

パラレルワーク(複業)と副業の違いとは

パラレルワーク(複業)、という言葉が今注目を浴びています。

これは、同時並行的にビジネスに取り組む、という意味合いで、このパラレルワークによって一つの収入源に依存せずに、複数の仕事(事業)や案件から収入を得るようにすることが可能となります。

副業という言葉もありますが、パラレルワークと副業の違いは、その比重にあります。

副業と言うと、本業があってその補佐として副業があるというイメージですが、パラレルワークは本業の仕事が複数に分散されている(複業)といったイメージです。

このパラレルワークのメリットとして、「リスクヘッジ」があります。

一つの収入源に依存していると、万が一そのビジネスが破綻した際に、一気に収入が断たれてしまう危険性があります。

そのリスクヘッジも兼ねて、複数の収入源を持っておく、というのがパラレルワークの大きなメリットです。

今の時代は流動的で、これまでと比較すると未来は想像を絶するほどに不透明です。

技術革新で必要なくなる仕事が増え、潰れる企業や突然のリストラも多くなるかもしれません。また、異常気象や天変地異も頻発しています。

一寸先は闇。国の保障もどこまで行ってくれるか分かりません。

こうしたなかで生き残っていくためには、自分たちでリスクヘッジをあらかじめ打っておく必要があります。

その一つの方法として、「パラレルワーク」という考え方が注目を浴びているのです(最近では「二地域居住」というキーワードも登場するようになりました)。

PR

新聞、テレビなど多数メディアで紹介◎ 都市で無農薬野菜を育てる貸し農園

パラレルワークにおすすめの仕事「農業」

さて、このパラレルワークやリスクヘッジの一環として、農業を行う、というのもおすすめの方法です。

昔の日本人が大胆にチャレンジできた理由に、田舎にいざというときに売れる山や土地を保有していたり、農地を持っているため「最悪、食うに困らない」という地盤があった、ということが挙げられます(加えて地域コミュニティもしっかりしていました)。

失敗しても、最低限は大丈夫、という安心感がありました。

しかし、戦後、日本の農業人口は減少し、工業化が進みます。サラリーマンが増加し、また「ローン」という仕組みも浸透していきました。

こうして特に都心部では、住むこと、食べることのためには、絶対に企業を解雇されるわけにはいかない(失敗できない)、という縛りが生じ、チャレンジングな精神も削がれていったのです。

こうしたことを考えると、もう一度「自分の食べるぶんを自分の手でつくる」というのが、これからの時代の大きな備え、リスクヘッジ(地盤)として重要になっていくでしょう。

しかし、いきなり仕事として農地を持って専業農家になったり、兼業農家になるということは様々なハードルから難しいことです。

特に都市部で生まれ育つと、農業や漁業といった自然に密着した仕事がとても遠いことのように感じます。

そこで、まずは貸し農園で小さく自給自足を始めてみるのがおすすめです。

たとえば、東京、神奈川、千葉、埼玉、また大阪や神戸といった都市圏で無農薬野菜を栽培できる貸し農園の「シェア畑」というサービスがメディアで話題となっています。

この「シェア畑」では、農業スペースを借りることができ、季節ごとの種や苗、また農具なども準備されているので手ぶらで通うことができます。

©︎www.sharebatake.com

新鮮で安全な野菜を自分たちで育てる、という感覚を徐々に覚えていくことで、将来もう少し大きな規模で自給自足を行いたいと思った際の準備になるでしょう。

海外のオーガニック貸し農園の試み

海外では、こうした貸し農園で、「自給自足」の側面だけでなく、「パラレルワーク」の面にも光を当てた試みが実施されています。

オランダの首都アムステルダムから車で二時間の地に、「ホフ・ヴァン・トウェロ」というオーガニック農場があります。

このオーガニック農場には、レストランやファーマーズマーケット、キャンプ場などが併設されています。

その他、農場内を裸足で歩き回る「ベアフットトレイル」が体験できたり、オーガニック農業や食べられる野草に関する講義を聴くことも可能です。

また、「ホフ・ヴァン・トウェロ」では貸し農園も行われているのですが、この貸し農園では、一風変わったサービスも提供しています。

なんとこの農園では、育てた野菜を販売してくれるのです。

貸し農園といえば、農家さんから借りた農地を週末に手入れし、できた野菜を自分たちで収穫して食べるというのが一般的。このホフ・ヴァン・トウェロも基本的には同じシステムですが、育てた野菜を、“農場側で販売してくれる”という点が他と大きく異なります。

出典 : オランダのオーガニック農場が取り組む「小さな革命」

この貸し農園では、自分では食べきれないぶんの野菜が収穫できるので、そのぶんを農園側が販売してくれるのです。

自然と触れ合うことでリフレッシュもしますし、オーガニックな野菜を食べることで健康にもなります。

加えて販売もできる、という「パラレルワーク(複業)」的な側面もある。

野菜を購入する人たちが地元の人たちなら、地域の活性化や住民の健康にも繋がるという参加意識も芽生えるでしょう。

日本でも、その野菜を地域の子供たちの給食に活用する、といった仕組みがあれば素敵な循環が生まれるのではないでしょうか。

残念ながら、日本では農地法で営利目的の農地の転貸は禁止されている関係上、全く同じ仕組みは行えないようですが、アイディア一つで色々な可能性が考えられる方向性であることは間違いないでしょう。

[PR]高評価!! 断食と温泉ですっきり「ホテルクアビオ」   [PR]自宅でファスティングに、酵素ドリンク「優光泉」