MINOCAFE
小田急線沿いのオーガニック情報
健康

断食・ファスティングにおすすめの本(入門書)

断食とは

断食と言うとイスラム教や仏教、キリスト教などで古くから取り入れてきたので、宗教的なイメージが強いかもしれません。

その断食(ファスティング)が、この数年「健康法」として注目を集めています。

プロスポーツ選手や政治家、芸能人が健康や美容法の一環として行ったり、原因不明の体調不良や、精神疾患も含めた多くの疾患に悩んでいるひとの治療法としても活用されています。

ドイツやロシアでは、一部病院で保険適用が可能なほど「断食療法」は浸透しているようです。

断食を行うことによって、内臓が休まり、排泄が進むことで、体内が一度リセットされます。

断食の効能として、普段の何気ない体調の悪化、「頭がぼうっとする」「疲労や眠気が取れない」「慢性的な下痢や便秘」「精神的な不安定」「肩こりや体の節々の痛み」などが改善されます。

また、多くの疾患に効果があることも実証されています。

試しに「断食 ○○(病名)」などで検索してみると、多くの治癒体験談も見つかるでしょう。

よく断食に対する批判的な意見として、「一日の栄養価が足りなくなる」といった声もありますが、断食は、栄養をちゃんと吸収する腸など「内臓疲労」へのアプローチです。

入ってくる食事(栄養素)の前に、まず「受け入れる側」の腸を休ませ、正しく動けるように戻しましょう、というもの。

断食と言っても、一週間近く行う長期断食から、三日、一日、あるいは毎日夜だけ食べないといった半日断食まで、期間も様々な方法があり、ジュース断食やスープ断食など、初めての方にも安心のストレスの少ない方法もあります。

自分に合った方法で効果を体感してみましょう。

PR

新聞、テレビなど多数メディアで紹介◎ 都市で無農薬野菜を育てる貸し農園

初めての断食に、おすすめの本(入門書)

とは言え、いきなり断食を自己流で行うのは難しいですし、長期の場合は危険を伴うこともあります。

断食では、絶食の途中で一時体調が悪くなったように見えるときもあります(好転反応)し、断食後の食事(回復食)も突然胃腸に負担の大きいものを食べ過ぎると危険です。

長期の断食をする際は、全国にある断食施設(参考 : やるなら本格的に!こんなにある注目の断食道場)を利用するとよいでしょう。

病院で断食を行う場所も一部ありますが、保険は適用されません。

個人的には、病院よりも、専門家の運営する自然の豊かな環境でヨガや温泉など周辺サービスの充実した施設で、心身ともにリラックスさせてあげることをおすすめします。

また、家で行う場合は、断食に関する本を読むことで、なぜ断食が効果的か、過去にどういった症状に効果があったかを知ることもでき、絶食中の精神的な励みになります。

そこで、初めての断食におすすめの本(入門書)を紹介したいと思います。

断食におすすめの入門書1、甲田光雄『奇跡が起こる半日断食」

入門書の一冊目としておすすめしたいのは、言わずと知れた断食療法の第一人者、医師の甲田光雄さんの本です。

甲田医師は、2008年に亡くなられましたが、元大阪大学の非常勤講師で、甲田医院の院長さんです。子供の頃から病弱で、自身の健康と向き合う過程で断食療法と出会いました。

副題(「高血圧、糖尿病、肝炎、腎炎、アトピー、リウマチがぞくぞく治っている」)にもあるように、現代医学で根治が難しいとされる難病にも断食療法で治療実績を残し、具体的な方法も紹介されています。

断食におすすめの入門書2、石原結實『「食べない」健康法』

医師でもともと東洋医学が専門の内科医、石原結實さんの本です。

伊豆に断食専門の施設「ヒプクラティックサナトリウム」を開設し、この施設には元首相を始め多くの政治家や芸能人など著名人も宿泊しています。

人参りんごジュースや生姜紅茶、そばやうどんを食事に盛り込みつつ、ストレスのない範囲で断食(少食)する方法を紹介します。

断食におすすめの入門書3、山田豊文『細胞が元気になる食事』

本の著者、山田豊文さんは、ダルビッシュ有、工藤公康、落合博満、横峯さくら、白鵬など、主にスポーツの分野で多くの有名選手の断食や食生活の指導を行ってきました。

ダルビッシュ有、工藤公康、落合博満など野球をはじめとするスポーツ界や、EXILEのATSUSHIなど芸能界にも、山田氏から体調管理や食生活の指導を受ける著名人は多い。

白鵬も12年から山田氏のサポートを受け、一時の不振から脱出。昨年が6場所中4場所、今年は5場所で優勝するなど全盛期の強さを取り戻している。

出典 : さくらと白鵬の合言葉は「マゴワヤサシイ」|ゴルフダイジェスト

断食だけでなく、食事の面でも多くの学びがある本であり、また初めての断食でも安心して栄養が補える酵素ドリンクも監修しています。

→ 杏林予防医学研究所所長 山田 豊文氏が監修のファスティングドリンクは
【 BIO Berry Fast(ビオベリーファースト) 】

断食におすすめの入門書4、三浦直樹『週1断食で万病が治る』

自身も断食を行いながら健康を維持するみうらクリニック院長の三浦直樹さんの本。

断食がなぜ体調不良に効果的なのか、どんな効能があるのか、といった分かりやすい解説で入門書としてぴったり。具体的な改善例(統合失調症、ぜんそく、高血圧、アトピー性皮膚炎)も紹介されています。

三浦さんが指導する断食の方法は、「座禅断食」という仏教的な手法を取り入れ、呼吸法も大切にしていることから、本のなかで呼吸法についても触れられています。

断食におすすめの入門書5、工藤公康『40歳から進化する心と体』

プロ野球界のレジェンド工藤公康さん(現ソフトバンクホークス監督)の食事に関する本です。

工藤さんは、選手としてはリーグ優勝14度、日本一を11度経験するという驚異的な記録で、「優勝請負人」とも呼ばれました。監督しても、すでに日本一にも二回導き、ホークスを常勝軍団にしています。

現役時代、食生活の乱れが原因で、成績は不振にあえぎ、医師からも「このままだと死ぬよ」と宣告された工藤さん。

そこから断食(ファスティング)を取り入れ、食生活も大幅に見直した結果、見事に復活。47歳まで現役で続けることができました。

山田豊文さんの本と合わせて、スポーツに携わっているひとや部活動でもう一つ上のレベルに行きたい学生におすすめの一冊です(長友佑都選手の『長友佑都の食事革命』『ジョコビッチの生まれ変わる食事』もおすすめです)。

断食におすすめの入門書6、ルイジ・コルナロ『無病法』

ちょっと一風変わった断食の本が、ルイジ・コルナロの『無病法』です。

イタリアの中世ルネサンス時代の貴族、コルナロ(1464~1566)は、病気がちで生死をさまよった経験から「極少食」の食習慣に変え、病を治すと、102歳という長寿を全うしました。

多くの事業も行い、歴史に名を残したコルナロの食事に関する講演録です。

分かりやすい翻訳で、中世の食の事情と、少食の重要性が伝わってきます。

まとめ

以上、初めて断食をするひとにおすすめの入門書でした。

[PR]高評価!! 断食と温泉ですっきり「ホテルクアビオ」   [PR]自宅でファスティングに、酵素ドリンク「優光泉」