MINOCAFE

アメリカの食品事情 〜オーガニック食品普及の現地レポート解説〜

アメリカのオーガニック食品

先日、自然栽培の野菜や果物、その他様々なオーガニック商品を販売する「ハミングバード」のメルマガが届きました。

メルマガの題材は、「アメリカのオーガニック食品ブーム」に関する現地視察の情報。以下、この現地レポートなどを参考にアメリカのオーガニック事情について解説したいと思います。

アメリカでは、この10年ほどで徐々にオーガニック熱が高まり、今ではすっかり日常的な商品としてオーガニック食品が浸透しています。

欧米では、オーガニック市場は年々拡大し、全体の売上額も増加しています。

世界のオーガニック市場は拡大しており、トップを走る米国では売り上げ額3.2兆円を記録。韓国もオーガニック農産物の出荷量が年36%の割合で伸びている。一方、日本の市場規模は欧米より1ケタ小さく、約1300億円程度だ。

出典 : NIKKEI STYLE「麻布十番に仏オーガニックスーパー 急成長し日本上陸」

今回、「ハミングバード」のスタッフさんが視察に行った店の一つ、アメリカの有名なオーガニックスーパーである「ホールフーズ」も、フルーツに野菜、加工品まで、お店の中がほぼ全部オーガニックで揃っていたと言います。

©︎cerebral-overload.com

©︎inspiredbynick.com

オーガニックスーパーでは、店全体が素材へのこだわりを謳っているので、客としても原材料の表示をいちいちチェックする必要はありません。

日本でも、確かに東京など都心部では小規模な自然食品店は増えてきていますが、オーガニックで統一されている大型のスーパーというのは、ほとんど見られません。

しかし、アメリカでは、スーパーという日常的に購入できる形態でオーガニック商品が普及し、すっかり生活に浸透しているのです。

ただ、こうしたオーガニックスーパーでも、無農薬無肥料の自然栽培にこだわったような食材については採算の関係上扱っていません。

その場合は、スーパーではなく、地域のファーマーズマーケットに出向いて個別に農家の方とやりとりする必要があります。

PR

新聞、テレビなど多数メディアで紹介◎ 都市で無農薬野菜を育てる貸し農園

なぜアメリカでオーガニックが普及するのか

さて、それでは一体なぜアメリカではオーガニック食品がこれほどまでに普及しているのでしょうか(人口差はありますが、売上額がアメリカ3、2兆円と日本1300億円では雲泥の差があります)。

理由の一つは、環境問題や動物愛護の意識の高さが挙げられるでしょう。

農薬や化学肥料を使う野菜や、家畜にホルモン剤を多用するような肉、また環境を破壊するようなプラスチック製品はなるべく避け、オーガニック食品を購入するということは、自然環境に対する一つの「態度」を示します。

もちろん態度だけでなく、購入することによってオーガニックに取り組んでいる企業を実際に応援することにも繋がります。

もう一つの理由として、健康意識の高さも挙げられます。

日本では善かれ悪しかれ国民皆保険制度が充実し、誰もが安価で医療にかかることができます。

その気安さが裏目となり、体を壊しても薬を飲めばいいといった日々の健康意識の低さに繋がっていきます(結果、日本人は世界でもトップクラスの薬使用量になってしまっています)。

一方のアメリカは、保険制度が整っていないため、病気は「自己責任」です。

それゆえ必然的に普段の健康意識も高まるのです(日本でも経営破綻した夕張市は、病院がなくなったことによって逆に市民が健康になったという話もあります)。

ただ、アメリカは、国民性や経済格差などが要因となって意識の高低が大きく二極化しています。

ジャンクフードに大量生産、遺伝子組換え作物、肥満や薬物依存などが問題となっている人たちも多数存在しています。

とは言え、着実に環境や健康に関する意識が高まっているのも事実であり、これは他のヨーロッパ先進国でも同じことが言えます。

しかし、数値にも現れているように日本ではまだまだオーガニック市場は低迷、一般的に普及するまでには至っていません。

東京オリンピックの際に訪れる外国人には、なぜ東京にオーガニックのスーパーやレストランが少ないんだと不満に思うひとも多いでしょう。

たとえば無農薬米や天然魚を使ったオーガニックな寿司屋はほとんどありません。

せっかくのSushiをOrganicな食材で食べたいという外国人もいるはず。こうした点でも、オリンピックを契機に変わっていくといいですね。

[PR]高評価!! 断食と温泉ですっきり「ホテルクアビオ」   [PR]自宅でファスティングに、酵素ドリンク「優光泉」