MINOCAFE
日記

「じゅうようなこと」

昼、窓の向こうから、小さな男の子の「じゅうようなことだから!」という声が聴こえてきた。

すがりつくような声だった。

たぶん、あれは母親に言っていたんだと思う。

僕は、その「重要なこと」という言葉に、嬉しいような、愛おしいような気持ちが込み上げてきた。

子どもが「重要なこと」と言っているんだから、それはもう絶対に「重要なこと」だ。

大人の比じゃない。

もし、じぶんの子どもが、「重要なこと」と言ったら、思いっきり抱きしめて心のうちでそっと語りかける。

そうかそうか、「重要なこと」は、手放しちゃだめだぞ。

これから先、友だちや、見ず知らずの悪意が、きみのその「重要なこと」を、壊したり、笑ったり、奪ったり、まるで存在しないもののように扱うかもしれない。

もしかしたら、お父さんや、お母さんも、気づかないうちに傷つけてしまうかもしれない。

きっときみの「重要なこと」は、大人になる頃には、ぼろぼろになっているだろう。

でも、絶対に手放しちゃだめだ。

そうすれば、必ずいつか、きみの「重要なこと」を、たとえそれがどんなにぼろぼろであったとしても、むしろそれゆえに、同じように「重要なこと」と想ってくれるひとが、きみの前にも現れるから。

[PR]高評価!! 断食と温泉ですっきり「ホテルクアビオ」   [PR]自宅でファスティングに、酵素ドリンク「優光泉」